<

備北支部について

拝啓、新緑の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。平素は当支部の事業活動に対し格別のご理解とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、国内における経済情勢は新型コロナウイルスの感染拡大により、世界中が未曽有の危機に侵され先行き不透明な状況が続き、備北支部の会員企業や日々の生活におかれましても数々の影響が出ているのではないかと思います。4月16日には緊急事態宣言が全国に拡大され、あらゆる感染防止策で全国的に取り組んでおられますが、さらに同宣言が5月31日まで延長となり不安な日々が続く中、一刻も早い事態の鎮静化を願い一日も早い終息を心よりお祈りする次第です。

さて、このたび令和2年度広島経済同友会備北支部定時総会(書面決議)の役員改選において、前伊藤部長の後任として支部長という大役を仰せつかることとなりました。大変微力ではございますが、任された2年間は精一杯務めてまいりますので、何卒ご指導、ご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

今年度は、広島経済同友会のテーマである「広島という才能を眠らせない」に基づき、「魅力ある備北地域の創造=広島という才能を眠らせない」というテーマの下、備北地域の歴史、文化、観光資源、ブランド等備北の宝をさらに磨き上げるとともに、備北地域のイメージアップ大作戦として前年度末に完成した瀬尾公次先生のマガジンポケットや新設した備北支部のホームページを積極的に活用し、魅力ある備北地域の情報発信を行いながら事業を展開していきたいと思います。これらを実践するに当たり、会員の皆様方には各々の知恵やアイデアを存分に出していただき、備北の活性化に繋がるお力添えを是非ともお願いしたいと存じます。

しかし現状はコロナショックという戦後最大の危機に直面しており、まずは支部の会員やご家族、従業員の皆様がご健康であり、影響のある事業所も従来通りの軌道に戻せるよう、何としてでもこの難局を乗り越えることが最優先であります。このため、売上、収益の減少、雇用維持、材料の調達など行政支援を有効的に活用するなど緊急な対策に取り組んでおられると思いますが、こうした中で、たちまち経済同友会として出来ることは、会員相互の連携を図り、協力していくことではないかと思います。会員の皆様には、協力できる範囲で情報を提供していただき、会員の中で助け合えることは是非ともご協力いただければ幸いに存じます。

まだまだコロナウイルスへの対応は長期化しそうですが、社会経済活動再開に向け段階的な指針が示されるなど、出口に向けた新たな動きが始まっています。当支部としてもこうした動向を注視しつつ、事業活動再開に向け進めていきたいと考えます。

どうぞ、宜しくお願い申し上げます。

敬具

令和2年5月

広島経済同友会備北支部
支部長 山縣 隆



当年度事業計画
経済界からみた『魅力ある備北地域の創造=広島という才能を眠らせない』~連携と発信~

県土の約1/4を占める備北地域は、豊富な山林と4つの主要河川など豊かな自然に恵まれており、古くから陰陽連絡の要衝として交易と農林業で栄えてきた。近年では、少子高齢化などにより著しい人口減少に伴って、地域社会における活力が低下しているなか、2011年(平成23年)には備北エリアの観光振興に関する提言書を作成し、観光推進組織体制づくりとして備北観光ネットワーク協議会を結成し観光地域づくりを進めてきたが、人口減少、人手不足のほか中山間地域が抱える課題は山積みで、地域振興策には農商工業及び教育を含めた総合的な視点での取り組みが必要不可欠となっている。

こうしたなか、備北支部では前年度研究、議論してきた高齢者の移住対策や地域活性化対策を会員各々の知恵と力を発揮して具現化するとともに、「広島という才能を眠らせない」という広島経済同友会の活動テーマに沿って、「備北地域という才能の発掘、磨き込み、価値の創出」を行い、新設した備北支部のホームページや提言により積極的な発信に努める。

さらには、広島経済同友会最大の特長である支部制を活かし、本部や各支部、行政と密に連携しながら備北の発展に寄与すると共に、広島経済同友会全体の活動にも積極的に参画し広島県全体のさらなる発展に貢献する。

(事業計画)
  • (1)重点事業
    • 会員増強 目標会員75名(現在70名)達成、維持する
    • 備北地域における交通アクセスに対する提言
      • 観光客の二次アクセス問題等(受け入れ態勢の強化)
      • 高齢者の交通課題等(住みやすさの推進、転出者の抑制)
    • ホームページの活用した積極的な情報発信
      備北支部活動の情報発信(~会員増強のツールとして活用~)
  • (2)委員会活動

    ①総務委員会

    • 備北都市懇話会の企画開催
    • 先進地視察研修会の企画開催
    • 会員間交流の活性化
    • 支部HP運用・充実に向けた取り組み
    • 担当例会の実施

    ②地域経済委員会

    • 備北地域における経済の発展と活性化への取り組み
    • 円滑な事業承継についての取り組み
    • 県立大学との連携
    • 農商工連携の強化
    • 定住化対策(住みやすい街・魅力ある地域づくり)
    • 担当例会の実施

    ③観光振興委員会

    • 備北地域のイメ-ジアップ大作戦の推進
    • 宿泊型観光旅行誘致に向けた取り組み
    • 周辺自治体や観光団体との連携強化
    • ・備北ブランドの構築と情報発信の強化
    • インバウンド観光誘致に向けたプログラム作り
    • 備北観光ネットワーク協議会への運営協力
    • 担当例会の実施
役職 事業所名 / 役職 備考 役職 事業所名 / 役職 備考
支部長 山縣 隆
㈱広島三次ワイナリー
副支部長 倉田 洋二
㈲山谷建築設計事務所
副支部長 増田 茂典
マスダランドビル㈱
幹 事 奥井 智裕
㈱グリーンウインズさとやま
観光振>興委員長 幹 事 加藤 雅規
㈱加藤組
幹 事 香本 益行 NSウエスト㈱ 幹 事 冨野井 利弘
三次農業協同組合
幹 事 中川 玉美
㈱ノダ道路
幹 事 中山 利彦
三次スズキ自動車㈱
地域経済副委員長
幹 事 野村 明弘
㈱サングリーン
幹 事 増原 美登里
㈱君田トエンティワン
観光振興副委員長
幹 事 松永 和幸  中国電力ネットワーク(株)
三次ネットワークセンター 所長
総務委員長 幹 事 松森 悦子
北備建設㈱
幹 事 光永 義則
広島みどり信用金庫
幹 事 山根 英徳
備北交通㈱
地域経済委員長
幹 事 湯川 圭司
ユカワ紙化産業㈱
総務副委員長
監 事 稗田 貴章
広島銀行十日市支店
監 事 山縣 義和
もみじ銀行三次支店

役職 お名前 備考 役職 お名前 備考
相談役 平田 克明 11代 相談役 町里 文孝 16代
相談役 佐々木 満 17代 相談役 斉木 孝 18代
相談役 佐々部 博吉 20代 相談役 伊藤 郁夫 21代


広島経済同友会 備北支部

Copyright © 2019 · All Rights Reserved · My Website