備北支部について

拝啓、新緑の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。平素は当支部の事業活動に対し格別のご理解とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、国内における経済情勢は新型コロナウイルスの感染拡大により、世界中が未曽有の危機に侵され先行き不透明な状況が続き、備北支部の会員企業や日々の生活におかれましても数々の影響が出ているのではないかと思います。4月16日には緊急事態宣言が全国に拡大され、あらゆる感染防止策で全国的に取り組んでおられますが、さらに同宣言が5月31日まで延長となり不安な日々が続く中、一刻も早い事態の鎮静化を願い一日も早い終息を心よりお祈りする次第です。

さて、このたび令和2年度広島経済同友会備北支部定時総会(書面決議)の役員改選において、前伊藤部長の後任として支部長という大役を仰せつかることとなりました。大変微力ではございますが、任された2年間は精一杯務めてまいりますので、何卒ご指導、ご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

今年度は、広島経済同友会のテーマである「広島という才能を眠らせない」に基づき、「魅力ある備北地域の創造=広島という才能を眠らせない」というテーマの下、備北地域の歴史、文化、観光資源、ブランド等備北の宝をさらに磨き上げるとともに、備北地域のイメージアップ大作戦として前年度末に完成した瀬尾公次先生のマガジンポケットや新設した備北支部のホームページを積極的に活用し、魅力ある備北地域の情報発信を行いながら事業を展開していきたいと思います。これらを実践するに当たり、会員の皆様方には各々の知恵やアイデアを存分に出していただき、備北の活性化に繋がるお力添えを是非ともお願いしたいと存じます。

しかし現状はコロナショックという戦後最大の危機に直面しており、まずは支部の会員やご家族、従業員の皆様がご健康であり、影響のある事業所も従来通りの軌道に戻せるよう、何としてでもこの難局を乗り越えることが最優先であります。このため、売上、収益の減少、雇用維持、材料の調達など行政支援を有効的に活用するなど緊急な対策に取り組んでおられると思いますが、こうした中で、たちまち経済同友会として出来ることは、会員相互の連携を図り、協力していくことではないかと思います。会員の皆様には、協力できる範囲で情報を提供していただき、会員の中で助け合えることは是非ともご協力いただければ幸いに存じます。

まだまだコロナウイルスへの対応は長期化しそうですが、社会経済活動再開に向け段階的な指針が示されるなど、出口に向けた新たな動きが始まっています。当支部としてもこうした動向を注視しつつ、事業活動再開に向け進めていきたいと考えます。

どうぞ、宜しくお願い申し上げます。

敬具

令和2年5月

広島経済同友会備北支部
支部長 山縣 隆



世界中で猛威を振るった新型コロナウイルス感染症は、日本国内においても都市部を中心に全国に蔓延し、感染拡大に備えて発令された緊急事態宣言後、人の移動や消費、経済活動は滞り、あらゆる場面で影響を及ぼした。新型コロナウイルスとの共存が必要となった現在は個人の生活も一変し、生き方や働き方を根本から見直すという転換期の時代となった。

備北支部においては、令和2年に新型コロナウイルス感染症に関するアンケートを実施した結果、雇用の維持や支援策への要望に多く意見が寄せられるなど、多くの事業者が経営に大きな打撃を受け、今も持続経営に向け懸命に取り組んでいる。今後は、徐々にワクチン接種も普及し経済活動も緩やかに回復することが期待されているが、先行き不透明な状況が暫らく続くことが予測される。

(事業計画)

  • (1)基本方針
    • 令和3年度広島経済同友会備北支部では、Webを活用した新たな形式で休止していた例会等の活動を再開し会員相互のコミュニケーションを図りながら情報の共有、交換を積極的に進めるとともに「広島経済同友会活動の新常態への適応とさらなる成長をめざして」というスローガンのもと、不確実性を増す将来に向かって有効的な価値や仕組みを見直すチャンスと捉え、地域が抱える課題、地域活性化策について調査・研究を行い、実現可能な提言、活動を進める。
  • (2)委員会活動

    ①総務委員会

    • 会員拡大と会員間交流の活性化
    • 備北都市懇話会の企画・開催
    • 視察研修会の企画・開催
    • Web会議の実施と環境整備
    • 支部ホームページの運用、充実(更新)
    • 担当例会の実施

    ②地域経済委員会

    • コロナ禍における備北地域の発展と活性化への取組み(提言)
    • 円滑な事業承継について取組み
    • 県立大学との連携
    • 農商工連携の強化
    • 高齢化、人口減少対策と地方分散化(定住化)についての研究・提言
    • 担当例会の実施

    ③観光振興委員会

    • マイクロツーリズム、ワーケーション誘致に向けたプログラムつくり
    • MaasやIoT/AI等の新技術を活用した次世代観光への調査・研究
    • 備北ブランドの構築と情報発信の強化
    • 備北地域イメージアップ大作戦の推進
    • 周辺自治体や観光団体、業者との連携強化(新たな観光モデルの提言)
    • 備北観光ネットワーク協議会への運営協力
    • 担当例会の実施
役職 事業所名 / 役職 備考 役職 事業所名 / 役職 備考
支部長 山縣 隆
㈱広島三次ワイナリー
副支部長 倉田 洋二
㈲山谷建築設計事務所
副支部長 増田 茂典
マスダランドビル㈱
幹 事 奥井 智裕
㈱グリーンウインズさとやま
観光振>興委員長 幹 事 加藤 雅規
㈱加藤組
幹 事 香本 益行 NSウエスト㈱ 幹 事 冨野井 利弘
三次農業協同組合
幹 事 中川 玉美
㈱ノダ道路
幹 事 中山 利彦
三次スズキ自動車㈱
地域経済副委員長
幹 事 野村 明弘
㈱サングリーン
幹 事 増原 美登里
㈱君田トエンティワン
観光振興副委員長
幹 事 松永 和幸  中国電力ネットワーク(株)
三次ネットワークセンター 所長
総務委員長 幹 事 松森 悦子
北備建設㈱
幹 事 光永 義則
広島みどり信用金庫
幹 事 山根 英徳
備北交通㈱
地域経済委員長
幹 事 湯川 圭司
ユカワ紙化産業㈱
総務副委員長
監 事 稗田 貴章
広島銀行十日市支店
監 事 山縣 義和
もみじ銀行三次支店

役職 お名前 備考 役職 お名前 備考
相談役 平田 克明 11代 相談役 町里 文孝 16代
相談役 佐々木 満 17代 相談役 斉木 孝 18代
相談役 佐々部 博吉 20代 相談役 伊藤 郁夫 21代


広島経済同友会 備北支部

Copyright © 2019 · All Rights Reserved · My Website